CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Copylight 2008 ENSEMBLE All Right Reserved
Copylight 2008 ENSEMBLE All Right Reserved
MOBILE
qrcode
今週末は 秋の『京都アンティークフェア』です。

ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


秋の訪れを感じる風気が漂ってきましたね。

アンサンブル・アンティークの秋の出展も後半に入ってきました。

 

 

第69回京都アンティークフェア

 

日時:10月27日(金)〜29日(日)

時間:10:00〜17:00
(最終日のみ16:00まで)

場所:パルスプラザ
(京都府総合見本市会場)大展示場

京都市伏見区竹田鳥羽殿町五

料金:入場無料

 

今回はオペラの古いスコアやアリアの楽譜、絵本楽譜ではウィルビーク・ル・メールの絵本など、希少な書籍や時祷書、紙ものを並べるべく準備してます。

 

また、この季節は京都の紅葉も一緒に楽しみにして来られるご来場者も結構いらっしゃいます。

3日間開催してるので、皆さまもぜひお越しくださいね。

いつものブースNo.84A でお待ちしています♪

| イベント | 17:29 | comments(0) | - |
0
    『アンティークフェアin新宿』終わりました。

    ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


    先週末開催された『第33回アンティークフェアin新宿

    あいにくの天気もなんのその、屋内でのフェアは盛況の3日間で終わりました。

     

    去年から定位置のブースで出ているのせいか、来場者の方も覚えていてくれるようで、よくお声をかけてくれるようになり、また違ったお気に入りを見つけてもらってます。

     

     

     

    お隣のブースや近所のブースの出店者さんもすでに顔馴染み。

    合い間でマダムがお菓子をくれたり、トイレに行くときは店番をしてもらったりで感謝感謝です。

     

    新宿では、アンティーク楽譜はもちろんですが、特に最近はグレゴリオ聖歌や時祷書に興味を持ってくれる方が増えてきたように思います。

     

    [Sold out, Merci!]

     

    お客様と羊皮紙の事やカリグラフィ、ミニチュアール、写本の話など一緒にしながら私も改めて眺めていると、新たな美しさに気づいたり、あっという間に幸せな時間が過ぎていきます。

     

     

    第33回アンティークフェアin新宿』は毎年5月と11月に開催されています。

    都庁のすぐ隣でアクセスも良いと思いますので、まだ来られたことのない方も、来年はぜひお越しくださいませ。

     

    次のアンティークでの出店は来月の『東京蚤の市』。

    こちらはブース場所も広いので、どっさりお持ちしますのでお楽しみに!。

    | イベント | 10:13 | comments(0) | - |
    0
      関東アコ、終わりました。

      ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


      先週日曜日、板橋区で開催された『関東アコーディオン演奏交流会』

      アコーディオン楽譜の展示販売をさせてもらいに行きました。

      今年で29回目という老舗の合同発表会です。

       

       

      台風接近を心配しながら、朝いちばんの新幹線で新神戸から東京へ。

      10時前に会場の板橋区立グリーンホールへ到着。

      今回は、先日の楽器解体講座でお世話になった音楽センターの加藤さんと同じ机で展示です。

       

      関東アコの発表会はコンクール形式となっていて、アンサンブル部門と独奏部門が隔年交代で開催されます。

      そして今年は「独奏部門」の年。

       

      それぞれ、「ジュニア」、「シニア」、「初心者」、「一般中級」、「一般上級」と参加部門が分かれています。

      これらが1日を通して、1階と2階の会場で行われました。

       

      中に入って聞きたいのはやまやまなんですが、お仕事なので会場から漏れ聞こえてくる演奏でガマン。

      楽譜展示をしてて色んな発表会にお邪魔できるんですが、

      実際に演奏を聴くことができない場合が多く、私としてはここが唯一悲しいところです。

       

      それでも展示販売では、ここ最近Webショップで購入してくださるお客様が声をかけて下さったり、お会いできる方々が段々と増えてきました。

      ようやくWebと展示販売がリンクしてき感じで嬉しく思ってます。

      さらには、会場でアコ好きの仲間や、関係者の方と再会できるのも楽しみになってます。

       

      審査発表が終わる最後までいたかったのですが、段々と関西に近づいて来てた台風が心配だったので、17時には撤収。

      にも拘わらず帰りの新幹線は、新神戸まであと一駅!の新大阪駅でストップ。

      しぶしぶ新幹線を乗り捨て、地下鉄〜阪急で神戸まで戻って来たんですが、最後に乗る神戸電鉄もまさかの運転取りやめ!。

      どうしようもなく、神戸の実母の家で泊まって帰りました。

       

      長〜い1日でしたが、新たに声をかけて下さる方も多く今回お邪魔した甲斐がありました。

      実行委員の皆さま、参加者の方々、ご来場の方に感謝いたします。

      ありがとうございました。

       

      さて来月はいよいよJAA国際アコーディオンコンクール&記念コンサートです。

      楽譜の展示販売は、10月8日は新宿区立角筈区民ホールで、9日は新宿区立四谷区民ホールで行います。

      またお知らせしますね。

      | アコーディオン | 11:02 | comments(0) | - |
      0
        博多阪急『時代マーケット』ご来場ありがとうございました!

        ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


        6日間開催された博多阪急『素晴らしき時代マーケット』。

         

        ご来場、お買い上げ頂いたたくさんのお客様ありがとうございました。

        そしてご注文をお待ち頂いていたネットショップのお客様にも、

        ご協力感謝申し上げます。

         

        福岡はプライベートで年に1回ほど行くんですが、出展では初めて。

        どうなる事やらと思いましたが、火曜日に無事関西に戻ってきました。

        ご注文の対応や、明日からの楽譜展示販売準備などで、気が付けばもう土曜日。

        有難いことにバタバタしています。

         

        面白いことにデパートの出展は期間が長い分、周りの出展者さんと

        妙な連帯感が生まれてきます。

        10時間以上ブースに立ってる間、ピーク以外の時間におしゃべりをして

        情報交換をしたり、プライベートな話で盛り上がったり。

         

        終わってから一緒にご飯を食べにも行き仲良くなったりします。

         

        博多の駅前だったけど呼子のイカを食べたり、ラーメン食べたりと、

        九州の味を楽しんできました!。

         

         

         

         

        さてさて、明日からは東京でアコーディオン楽譜の展示販売です。

         

        関東アコ―ディオン演奏交流会

         

        2017年9月17日(日)
        開演10:00〜18:40(終了予定)
        場所:板橋区栄町36−1
        会場:板橋区立グリーンホール 
        入場料:1,000円(楽譜販売利用のみは無料)
        主催:関東アコーディオン演奏交流会実行委員

         

        今回初めてお邪魔する合同発表会です。

        いつもと違う会場を使われるそうで展示販売ブースが狭いのですが、

        人気のあるアコーディオン楽譜を、ロビーのブースにめいっぱい置けるだけ持っていきます。

         

        会場では朝から夕方までず〜っとアコーディオンの音色が響いています。

        台風の影響が心配ですが、お時間のある方はぜひいらして、

        アコーディオン話で盛り上がりましょう!!

        | イベント | 11:19 | comments(0) | - |
        0
          来週も催事『素晴らしき時代マーケット』?

          ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


          大井競馬場での『東京夏の蚤の市』。

          気が付けば先々週の週末でした。

           

          悪天候のなかご来場くださった皆さま。

          そしてお買い上げ頂きましたお客様、本当にありがとうございました!

           

          会場奥の、なかなか分かりにくいブースでしたが、ホームページを見てからご来場くださったり、

          『東京蚤の市』でいつもお買い上げ下さる方など、初めての開催でしたが、雨風をしのぎながら楽しく出店させて頂きました。

          次の『東京蚤の市』は、おなじみの調布で11月4〜5日です。

          次回も「掘り出し物」担いで行きます!。

           

          そして先週末。

          バタバタしてブログでお知らせしてませんでしたが、一週間、梅田阪急で『素晴らしき時代マーケット』に出展しておりました。

          こちらは会期が6日間と長いので、ゆっくりとアンティーク楽譜をお選び頂いたり、今回初めてお目見えしたウィルビーク・ル・メールの古い楽譜絵本や、マット入りのプレートなど、紙もの・音楽を通していっぱりしゃべり倒しました(笑)。

          ご来店の皆さまにお礼を申し上げます♪。

           

          で、来週ですが、また『素晴らしき時代マーケット』なのです。

          今度は博多で!。

          九州は初出展・遠征なのですが、今回のテーマが「音」と「光」ということで、どど〜んとチラシにENSEMBLE antiqueの商品も載せてもらいました。

           

          素晴らしき時代マーケット(福岡)

          日時:9月6日(水)〜9月11日(月)
          場所:博多阪急 8階催場
          時間:10:00〜20:00
             最終日は18:00まで

           

          そのほかにも、音楽にちなんだ商品をいっぱい持っていきますので、お近くの方は

          ぜひご来場くださいませ。

           

          …とその前に、明日からアンサンブル・ミュージックの方で、大阪の堺市で毎年開催されている

          「第42回 西日本アコ仲間の集い」の合宿へ行ってまいります。

          去年は参加者としても行ったのですが、なんだか販売・演奏もどっちつかずだったので、今年は楽譜展示のみでの参加です。

          ほかにはトンボ楽器さんや、ネネロロさんの楽器修理も同じように並ぶ予定です。

          どうぞよろしくお願いいたします♪

          | イベント | 14:20 | comments(0) | - |
          0
            品川区で開催! 『真夏の東京蚤の市』のお知らせ♪

            ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


            ついにやってきました!。

             

            来週末は「東京蚤の市」のサマー・バージョン『真夏の東京蚤の市』の開催です。

             

            真夏の東京蚤の市

            日時:8月19日(土)12:00〜20:00
                20日(日)11:30〜19:00

            会場:大井競馬場
            東京都品川区勝島2-1-2

            入場料:600円(小学生までは無料)

            主催:手紙社

             

            古道具に古書、古着など掘り出し物に加えて、「東京陶器市」「東京焼菓子市」「東京てぬぐい市」など

            手紙社さんも色々と趣向を凝らして1日中楽しめる催しになりそうです♪。

             

            ENSEMBLE antiqueのブースは76番

            フランス、ヨーロッパの珍しい紙ものと、前回の東京蚤の市よりも古着などもヴォーリューム・アップして持っていけるようにただ今準備してます!

             

            盛りの夏を皆さんと一緒に楽しみたいと思うので、ぜひご来場くださいませ。

            絶対にビールが旨い!に違いありません(笑)。

             

            | イベント | 10:12 | comments(0) | - |
            0
              ラース・ホルム (Lars Holm)の楽譜です。

              ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


              やっと入荷してきました!。

               

              日本でもご存じの方が多いでしょうが、度々来日しているラース・ホルム氏の楽譜が入荷してきました。

               

               

               

              スウェーデン出身のラース・ホルム氏。

              詳細は、懇意にいて頂いてるイケベ楽器さんのホームページにインタビュー記事がありますので、ぜひそちらをご覧ください♪

               

              まずは練習曲集。

              <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />ホルム,ラース 『ミュージック・ボックス 1〜2巻合冊』

              『ミュージック・ボックス 1〜2巻合冊』

               

              1970年代にスタンダード・ベース用、フリー・ベース用にそれぞれご自身が監修・編曲した1巻2巻が合冊になっています。

              合冊本のため、お値段が若干しますが、それ相応のお値打ちです。

              特にアンサンブル用に書かれた曲が多いので、友達同士、または教室できっと役に立つのではないでしょうか。

               

              そして合奏曲のピース。

              <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />ホルム,ラース 

              "アストル・イン・リオ"

              <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />ホルム,ラース 

              "ブルー・バイヨン"

              <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />ホルム,ラース 

              ""トホランピ-ブルース 2番"

              <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />ホルム,ラース 

              "マゼッティ・タンゴ"

               

              どれも各パート自体はそれほど難しくないですし、舞台映えのする作品ですのでぜひ皆さんで合わせてみてください♪

              | アコーディオン | 13:37 | comments(0) | - |
              0
                「おさえま譜」使ってみました。

                ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


                アコーディオン仲間の繋がりで

                この商品開発者の方と出会いまして。

                 

                実際に使ってみて、これは便利!ということで

                アンサンブル・ミュージックのサイトでも取り扱い

                させてもらうことになりました。

                 

                ネーミングからして用途は一目瞭然!

                すごく便利な 音楽雑貨もののご紹介です。

                 

                ピアノ用譜面押さえ「おさえま譜」

                楽譜押さえ 『おさえま譜』

                 

                 

                どんなに折り目を付けても、めくれてしまう楽譜ってありますよね。
                「おさえま譜」はピアノ、電子ピアノ、譜面台などに取り付けて使用します。 
                本のページが勝手にめくれないようにバネで押さえます。

                 

                ということで、実際に使ってみました。

                画像の譜面はサラベール社のサティ『ピアノ・アルバム』。

                288ページもある分厚い譜面です。

                [クリックで拡大]

                 

                [クリックで拡大]

                これだけ分厚い楽譜でもしっかりとホールドしてくれて

                勝手にパラパラとならないです。

                 

                [クリックで拡大]

                この商品が良いところは譜めくりができる所。

                慣れれば曲の途中に、あいた手でペロンとめくって

                スムーズに丸い先端に滑り込ませられます。

                 

                [クリックで拡大]

                ピアノの場合、付けたまま忘れてフタを閉めても、ゴム素材なんで

                傷が入ることがありません。

                 

                 

                譜面台でも使え、特にオケや吹奏楽の方などはスコアを読むときに

                役立ちそうです。

                 

                [クリックで拡大]

                ポケットスコアの時も、押さえバネを長めに調節して使えます。

                 

                ちょっとしたことですが、例えば扇風機の風だったり、

                吹奏楽の方などは屋外で演奏されることも多いと思います。

                 

                ペラペラめくれてしまう楽譜。

                「おさえま譜」でぜひ押さえてみてくださいね♪

                | 「おと」のこと(基本フランスもの) | 11:29 | comments(0) | - |
                0
                  『JAPCアコーディオン夏祭り2017』熱い!1日でした。

                  ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


                  土曜日に開催された今年の『JAPCアコーディオン夏祭り2017』。

                   

                  遠くは九州から今日のために参加した方々もいて、昨年よりもぐっと出演数も増え、30台以上のアコーディオンが響き渡った合同発表会でした。

                   

                   

                  曲種は邦楽からミュゼット、クラシック、タンゴ等々…、幅広いジャンルの曲で皆さんそれぞれの成果を舞台で披露されました。

                  特に思ったのは、去年よりフリー・ベースの楽器で出られた方が多かったこと。

                  アコーディオンのためのコンテンポラリー作品を流麗に弾いていらっしゃいました!。

                   

                  最後は、ゲストの原田忠さん(シャカリーマン)の演奏で絞めに。

                  会場中が盛り上がりが頂点に達してました。

                   

                  お陰様で、楽譜を展示したアンサンブル・ミュージックのブースも

                  休憩時間には大賑わい!

                  1年ぶりにお会いする来場者、出演者の方々と楽しく過ごさせてもらいました♪。

                   

                  そして発表会終わりの懇親会!

                  色んな教室の方が「アコーディオンが大好き!」というただそれだけの気持ちで集まってる発表会なので、

                  懇親会も日ごろ会えない人同士、お互いの親睦を深める和気あいあいとした打ち上げでした。

                   

                  原田さん、打ち上げでも弾いてくれました♪

                   

                  年々、盛況になっていく「JAPCアコーディオン夏祭り」。

                  来年は同じ場所の大きいホールを借りる予定だそうで。

                  益々楽しくなりそうな発表会で、来年も楽しみです^^。

                  | イベント | 10:31 | comments(0) | - |
                  0
                    アコーディオン公開セミナー行ってきました。

                    ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


                    昨日は松原智美先生の主催する

                    楽器解体講座&身体から視るアコーディオン演奏講座」へ行ってきました。

                     

                     

                    午後から始まり、前半は新宿の音楽センターでアコーディオンの修理などされてる加藤さんによる楽器解体講座。

                    後半は松原先生自身による、演奏時の姿勢や身体の使い方の公開レッスン。

                    夕方までたっぷり楽しんできました。

                     

                     

                    実は先日、アンティークで新宿出店の際、音楽センターで加藤拓也さんにお会いしました。

                    色々とお話をしたんですが、物腰の柔らかい優しいトーンのなかにアコーディオンに対する熱意のこもった、これからのアコーディオン文化に意欲的な方です。

                    その彼の楽器をもっと知ってもらおうという「楽器解体講座」は、修理・調律師ならではの講座です。

                     

                    胴体2つと蛇腹部分の3つに分かれたパーツについて、それぞれ教えて頂きました。

                     

                    リードブロックの構造

                     

                    自分の楽器では絶対触れないリードプレート

                     

                    右メロディ側は、調律してもらう時に良く見るんですが、左側については、実際に目にしたことがなく、ボタンの下に隠れている部分は説明を聞きながら理解していくのがやっとの、超!複雑な構造。

                     

                    学生時代に取ってた「ピアノ構造論」の授業を思い出しました。(グランドピアノの分解を学生だけで!やっちゃう授業)

                     

                    左手ボタンの下側。複雑なからくりが隠れています。

                     

                     

                     

                    インターネットで楽器の中の画像を見たりして、知っているつもりではいたんですが、実際に目にしながら説明を聞くと、改めてアコーディオンが精密な楽器やなぁ、と非常に良く分かりました。

                     

                    色々と教えてもらっている間、松原先生がアシストされてたんですが、お二人のやり取りも絶妙に面白く、あっという間の時間でした♪

                     

                     

                     

                    後半は3名の受講生の方からの質問の形式で、主に演奏する際の身体の使い方や姿勢についての講座でした。

                    (こちらは撮影no good)

                     

                    アコーディオンは楽器を胸に抱えながら、鍵盤の上から下まで腕を移動して演奏する楽器です。

                    さらに左手はフレージングやアーティキュレーションなど蛇腹の操作までしなくてはならないので、構える姿勢や重心の移動、腕関節の向きなど、ごく微妙な違いで弾き難くなったり、弾きやすくなったりします。

                     

                    私自身も練習している時、上手く指が回らない場所や、蛇腹でのフレージングが自然にできない時は、大抵指先ばかりに集中して腕・肘の角度がおかしかったり、体幹がずれてたりと身体の動きが自然じゃく、無理してる事が多いです。

                     

                    逆に言えば、身体を上手に使えれば、良い演奏に直結するということ。

                     

                    今回の講座も、同じように悩みを持ってらっしゃる方へのアドヴァイスに答えるといセミナー形式で行われました。

                     

                    身体に合わせた背バンドの長さや、ベルトの位置。

                    腕・肘・手首・指の使い方。

                    蛇腹のを開くときの意識、閉じる時の感覚。

                    さらに開-閉動作の際の意識などなどたくさん!

                     

                    自分にも当てはまる所がいっぱいだったのでメモしながら聴講しました。

                     

                    また先生自身の経験も踏まえながら。

                    例えば背中の止めバンドですが、松原先生も、1本、2本、3本!と長年試行錯誤したようですが、現在は背中の止めバンドなしで演奏してらっしゃいます。

                     

                    繊細で緻密な音の表現を叶えてくれるが故に、精巧に作られているアコーディオン。

                    扱い方(楽器おの取り扱いも演奏時の扱い方も)次第で、自然な身体の使い方で、長〜く付き合える楽器だと思います。

                     

                    講師のお二方とも、定期的に色んな場所へ赴いて今回のようなセミナーを開いてるそうです。

                    どんな楽器を買おうか迷ってらっしゃる方、自分が毎日使っている楽器の中身がどうなってるか全然知らない方は、ぜひ「解体講座」へ!。

                     

                    アコーディオンを弾いてて、身体の不調のある方(例えば腰痛・肩こり)、演奏表現に伸び悩んでる方は「身体から視る演奏講座」をかなりヒントがもらえると思いますよ♪

                    | アコーディオン | 15:01 | comments(0) | - |
                    0
                      << | 2/69PAGES | >>