CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Copylight 2008 ENSEMBLE All Right Reserved
Copylight 2008 ENSEMBLE All Right Reserved
MOBILE
qrcode
<< 国際アコーディオンコンクールの課題曲。 | main | アコーディオン楽譜、データ販売はじめました。 >>
シェーンハット トイピアノ(大型)の修理 その弐

ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


去年から続けている、トイピアノの修理。

やっと完成しました!。

 

前回のブログの続きで、底板の修理について。

 

新しく作り直した裏板を、ネジ穴用の角材を付け、補強しながら貼り付けます。

 

 

そして脚部分を取り外しできるようにとのご依頼。

もともと取り取り外しできるようになっていた跡がありました。

接着剤で固められていたので、全部外して穴埋めし

新たにハンガーボルトとオニメナットで机の脚のように脱着可能にしました。

 

 

そしてグロッケン部分の修理。

いったんすべて外して、ビビリ防止の糸を付け、下の毛糸も取り換えます。

それから本体から外れてしまった鍵盤も材料を作って取り付け直し。

 

 

 

作り直したアクションも全部組み立てて、見た目はほぼ完成なんですが・・。

まだ取付位置の加減で、打鍵してもうまく音が出ない部分があります。

 

 

それを付けては外しを繰り返して、イイ感じに調整していきます。

 

 

うまく音も出てほぼ完成!、という所まで来たんだけど、いざ曲を試奏してみるとまたまた支障が。

ほとんどの白鍵で、曲を弾くと鍵盤の奥がとなりの鍵盤に引っかかって沈んだまま戻ってこない事が判明。

 

 

真っすぐ上から打鍵すると問題ないんですが、鍵盤を押さえる力の向きが変わるとどうやら引っ掛かるよう。

鍵盤と本体の繋ぎ目が古くて緩くなってるのが原因のようです。

鍵盤を全部外すとなると大事だし費用もかさむだけなんで、いろいろ色々考えて〜。

 

…試行錯誤の結果、各鍵盤の間に薄いアクリル板を挟むことによってスムーズに動くようになりました!。

 

 

仕事の合間に修理を続け約3か月ほど。

 

 

音色も可愛く弾き心地もまずまずです♪。

 

(完)

 

【おまけ】

スカルラッティのソナタK.208前半部分を弾いてみました♪。

| トイピアノ関係 | 11:26 | comments(0) | - |
0
    コメント
    コメントする