CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Copylight 2008 ENSEMBLE All Right Reserved
Copylight 2008 ENSEMBLE All Right Reserved
MOBILE
qrcode
<< 出店します♪ 3/11〜12 『ひとマルシェ』 in神戸アートビレッジセンター | main | フランス買付け日記17/02 (5) >>
アコーディオン奏者、松原智美さんのプロジェクトのこと

ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


買付日記の途中ですが、昨日、

アコーディオン奏者の松原智美さん

お会いしてきたので、そのことを。

 

 

松原先生は、フランス、ドイツ留学を経て

関西を中心に目下大活躍中のアコーディオン奏者。

フリーベース・アコーディオンでクラシックから現代音楽まで

幅広いレパートリーで演奏活動を行ってはります。

 

私も演奏会に行かせてもらったことがありますが、

1音1音、妥協しない丁寧な音の作りや

繊細な響き、緻密な音楽構成は

改めてアコーディオンの素晴らしさに

気付かせてくれます。

 

そんな松原さんが現在、

『アコーディオン愛好家の方が「演奏したい!」

と思うような作品を制作するプロジェクトを始めよう』

と動き出しています。

 

そのプロジェクトの準備段階として

「アコーディオンに関するアンケート」

を行いました。

結果は松原さんのブログでご覧ください♪。

 

このアンケートのなかの一つで

「現在のアコーディオンを取り巻く環境で不満な点は?」

に対する回答について、ダントツ1位が『楽譜がない』

ということだったので、ちょっとお会いしましょうと

いうことになりました。

 

次の買い付け日記にも書こうとしているのですが、

日本はヨーロッパやロシアに比べ、圧倒的に後進国です。

楽譜についてもですが、楽器自体の購入場所、金額、

練習の仕方、アコーディオン教室が少ない、

日本の大学で専門教育が受けられない、

さらに後進の指導に当たれるような先生が育つ環境がないetc。

ないない尽くし。

 

そのことを松原さんは気にかけてはって

今回のプロジェクトを考えたそうです。

 

逆に言えば、まだまだ伸びしろの大きい楽器文化だと思います。

アコーディオン自体も、200年ほどの歴史しかない新規参入楽器。

ピアノだとクリストフォリの発明から400年も経ってる。

私も、まだまだこれからの楽器だと思ってます。

 

で、アコーディオンを取り巻く日本の環境を少しでも良くしようと、

愛好家の方が不満なく演奏に熱中できるよう、

私としても、情報発信しようとお話を聞かせてもらいました。

 

アンサンブル・ミュージックとしては。

 

・「全国のアコーディオン教室をご紹介するページの新設」

これは近々にお知らせしようとしています。

 

・全国の発表会などで、楽譜を展示して見てもらう。

関西の合同発表会や、東京のJAPCの催しで展示していますが、

今後は各教室の発表会規模のものでも馳せ参じようと思います。

全国のアコーディオンの先生方!、お気軽にご連絡ください♪。

 

そんなことを考えてると楽しくなってきました^^。

取り敢えずは始めてみて。

どんどん広げられたらと考えています。

| アコーディオン | 11:57 | comments(0) | - |
0
    コメント
    コメントする