CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Copylight 2008 ENSEMBLE All Right Reserved
Copylight 2008 ENSEMBLE All Right Reserved
MOBILE
qrcode
<< ”レ ゾンフォン デュ スフレ” 「ボタン式アコーディオンの発表会」です。 | main | 発表会で弾いた曲とベローズ・シェイクのこと。 >>
レ ゾンフォン デュ スフレ(アコーディオン発表会)終わりました。

ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


この日曜日。

かとうかなこ&みずのまりも教室の

アコーディオン発表会が終わりました。

 

 

今回もアコーディオン楽譜の展示をさせてもらったので、

10時には開場に入って準備を。

 

その後はお昼間までリハーサルで、各々弾きたいように

準備をしてお昼から本番でした。

 

トップバッターはかなこ先生の姪っ子のことちゃん。

前回よりもメチャメチャ上手になっていて、全員が拍手喝采!。

子どもの吸収力ってすごいですね。

 

070212_02.jpg

 

アコーディオンつながりの山崎さんも、

初参加にもかかわらず堂々の演奏。

ピアノの先生曰く「生徒になりきれば良いんですね!」っていう

直前の発言も笑いのツボにハマりました。

 

070212_03.jpg

 

それぞれみなさんが、今日の日のために練習

してきた成果をお披露目。

 

「発表会!!」となると、緊張しますが、

普段の先生方のレッスンは、生徒さん一人ひとりの

音楽にかかわるスタンスを尊重して、音楽する楽しみ、

演奏する喜びを第一に考えてくれて指導して下さる気持ちが伝わってきます。
「仕事の合間に」、「家事をしながら」、「子育てしながら」、

皆さんそれぞれの生活の中で、ペースに合わせてアコーディオンを

続けていける楽しみがあります。

 

そして今回は、僭越ながら最後にトリで弾かせてもらいました。

 

070212_01.jpg

 

曲はかなこ先生の、フランス留学時代の先生Franck Angelisの

"Suite de Concert"から《Soliloque》と《Brel-Bach》。

アンジェリス,フランク 《コンサート組曲》

はじめのレジスター・キーがキチンと押せてなく、変な音色から始まったり、

走り気味のベーローズ・シェイクで満足のいく演奏からは程遠かったですが、

最後まで止まることなく弾き、無事に終わりました。

 

その後は、スフレを卒業し、演奏活動をしている先輩Chika et Saeさんの

うっとりとするキレイなデュオ。

まりも先生の和やかな映画音楽メドレー。

かなこ先生の、同じ楽器を弾いてるとは思えない!

表情豊かな演奏が続きました。

 

 

070212_05.jpg

 

最後は恒例のみんなでAh,Petit Vin Blancを合奏。

 

 

それぞれアコーディオンが大好きで集まり、繋がり、

発表の場があるのは有り難いことです。

 

そしてこちらも恒例となっている焼肉での打ち上げ!。

本番があればこそ、ビールが飛び交い、炎が燃え上がり

肉が踊ってました(笑)。

 

070212_04.jpg

(まりも先生のとてもハッピーな報告もあり大盛り上がりでした♪)

 

 

自分自身の課題は、もっと人前で弾くのに慣れないと。。。

そのためには、楽しい雰囲気のレパートリーを増やさないと!。

というのが今年の目標になりそうです。

| ミュゼット / アコーディオン | 10:45 | comments(0) | - |
0
    コメント
    コメントする