CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Copylight 2008 ENSEMBLE All Right Reserved
Copylight 2008 ENSEMBLE All Right Reserved
MOBILE
qrcode
<< 『東海蚤の市』『京都大アンティークフェア』終わりました。 | main | 今週末は『第10回 東京蚤の市』です。 >>
初版楽譜 ドビュッシー『おもちゃ箱』 1913年

ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


今回は絵本のような楽譜たちをアップしましたが、ブログではじめにご紹介するのは、とても希少なドビュッシーの初版楽譜です。

 

ドビュッシー おもちゃ箱 1913年初版

 

ドビュッシーの愛娘エンマ(シュシュ)のために書いた作品では、1908年に出版された《子供の領分』が有名。

《おもちゃ箱》も同じくシュシュのために作品を書くことから始まります。

1913年に作曲が始まり、同年ピアノ版がアンドレ・エレの挿絵とともに出版されたオリジナルがこちらの楽譜。

 

エレのパステルで描いたような、ふんわりとした優しい絵が挿絵として12枚、扉表紙や目次等あわせて合計23枚が楽譜とともに収められています。

現在出版されているオフセット印刷の楽譜とは異なり、柔らかくそれぞれの色彩に温かみのある多色刷版画で刷られています。

ちなみにバレエとしては、戦争のためオーケストレーションが中断されてしまい、初演も中止され、結局1918年のドビュッシーの死後、弟子のアンドレ・カプレによって補筆され1919年にパリで初演されることになります。

また現在出版されている楽譜では、このバレエ初演以後に出版された奥付が採用されています。

 

現行出版の楽譜

| 「おと」のこと(基本フランスもの) | 16:10 | comments(0) | - |
0
    コメント
    コメントする