CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Copylight 2008 ENSEMBLE All Right Reserved
Copylight 2008 ENSEMBLE All Right Reserved
MOBILE
qrcode
<< ちいさなお土産 | main | 『第1回 東海蚤の市』 出店のお知らせ。 >>
休みの日

ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


今は水曜日と日曜日にお休みを頂いてます。

休みといっても、大抵、家にいてます。

来月からはイベントが続くので、週末は出ずっぱりになりますしね。

それに田舎住まいなんで、都会に出るのもひと苦労。

ということで、最近は子供と遊んだり、アコーディオンを弾いたり…。

というか、家にいる時はほとんどアコーディオンを弾いてるかな。

 

アコーディオンに触れてから気が付けば5年ほど経ちました。

ショップではたくさんのアコーディオン楽譜を取り扱うようになりましたが、まだ日本ではその魅力が知られていないマイナーな楽器。

一般的なクラシックと違って、どんな曲やジャンルがあるのか世界各国の時事を把握するにも時間がかかります。

 

ショップでもご紹介してる数多のアコーディオン楽譜のなか、自分自身でもお気に入りの曲を見つけては少しずつ弾いています。

そんな中から(恥ずかしながら)、練習を録画したのもあるのでご紹介しようかと。。。

今年の初めからフリーベースを練習していて、最初に取りかかった曲です。

 

《リべレーション》 セルゲイ・ヴォイテンコ

楽譜:コンサート・ステージ アコーディオン曲集 Vol.9

 

とてもきれいな曲だったので「弾きたいな」と思い、お師匠さんにスタンダード・ベースにアレンジして弾きたいと言ったところ、「フリーベースで弾いちゃえば?」ということで楽器を借りて弾いてみました。

 

私の演奏はともかくとして、YouTubeで探してみると、とても美しく弾いてるプレイヤーがたくさんいるので、ぜひ聞いてみてください。

 

こんな感じの曲が好きなんですが、その他には下の動画の曲も似たような雰囲気で美しいアコーディオンのための作品です。

《ノクターン》 ビャチェスラフ・チェルニコフ

楽譜:コンサート・ステージ アコーディオン曲集 Vol.6

 

日本で知られていないアコーディオン用の良い曲が、世の中にはまだまだたくさんあります。

楽譜販売を通して、これからも皆さんにご紹介していければと思います♪

| アコーディオン | 11:14 | comments(0) | - |
0
    コメント
    コメントする