CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Copylight 2008 ENSEMBLE All Right Reserved
Copylight 2008 ENSEMBLE All Right Reserved
MOBILE
qrcode
子どものための絵本楽譜と音楽絵本

ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


ヴィンテージ絵本のカテゴリーに「可愛い」絵本のような楽譜たちをアップしました。

 

その構図の面白さと可愛らしさから根強い人気のブーテ・ド・モンヴェル。

 《古い民謡と踊り歌》 M.ブーテ・ド・モンヴェル ヴィンテージ絵本

 

《古い民謡と踊り歌》 M.ブーテ・ド・モンヴェル

 

布装丁で金彩でエンボスされた表紙。

リトグラフの所どころかすんだ、淡い色彩。

時を経てきた雰囲気が一冊ごとに違っていて、フランスの古き良き時代のモノづくりの丁寧さが伝わってきます。

 

前回の買い付けで見つけたM.M.フラン=ノアンが手掛けた童謡集。

『歌いましょう、踊りましょう』

 『歌いましょう、踊りましょう』 フラン=ノアン

 

『踊り歌と民謡』

 『踊り歌と民謡』 フラン=ノアン

1879年生まれのフラン=ノアンのデッサンは、はっきりとした輪郭を持ちながらも繊細なタッチで描かれ、どこをあけても、とても愛くるしいイラストが綴られていて、ページをめくるたびに微笑まずにはいられません。

ちなみに彼女の絵本は、これら童謡集のほかにも『絵で見るアルファベット Alphabet en images』(1933),『遊戯 Jeux』(1933),『お話と絵本 Contes et Images』(1939)などなど、多くの作品を残しています。

| ブロカント | 12:41 | comments(0) | - |
0
    フランスへ買い付けに行きます。

    ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


    ショップではすでにお知らせしていますが、

    明後日からフランスへ買い付けに行ってきます。

     

    2/21〜3/3買い付けのお知らせ

     

    今回は 時間があまり取れなかったので、

    ドイツはなしでフランスだけになりますが、

    そのぶんフランスを満喫できそう♪。

     

    …ここ半年ほど「仏語」じゃなく「英語」を勉強してまして。

    勉強しはじめの頃は、フランス語が先に思い浮かんで

    なかなか英語が出てこなかったんですが、

    ここにきての買い付け。

    フランス語も怪しくなってきてます…。

     

    さて、そこで誠に勝手ながらですが、海外買い付け出張のため、

    ”ENSEMBLE antique"  "ENSEMBLE MUSIC"ともに

    下記の期間、すべての業務をお休みさせていただきます。
    ------------------------------------
    2017年2月21日(火)〜3月3日(金)
    ------------------------------------

    休業期間中もご注文は24時間承っておりますが、

    ご連絡・ご対応は3月4日(土)以降に順次行ってまいります。
    お時間を頂戴いたしますこと、何卒ご了承くださいませ。

    お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、

    ご理解いただけましたら幸いです。
    どうぞよろしくお願い申し上げます。

    | ブロカント | 18:35 | comments(0) | - |
    0
      フランスの古い手芸雑誌、《MON OUVRAGE》

      ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


      本日やっとWebショップでご紹介できました。

      1927〜35年にフランスで発行されたデザイン雑誌《私の手芸 "Mon Ouvrage"》

       

      フランス手芸雑誌 《Mon Ouvrage》 販売価格1,400円(税込1,512円)


      花柄やイニシャルのパターンといった図案や、レースの図案や編み方など当時のフランスのデザインが満載です。

       

       

       

       

       

      古い雑誌ならではの、焼けた古い紙質の雰囲気も素敵です。
      実際にデザインを使って編んでみたり、撮影の背景に使ったり、そのままフレームに入れてディスプレイしても素敵です。
       

       

       

      当時の広告もフランスならではのお洒落で良い雰囲気のフォントやデザインです。

       

       

       

       

      1冊ずつ、詳細な画像と内容についてコメントを入れています。

      ぜひご覧くださいませ♪

      | ブロカント | 11:26 | comments(0) | - |
      0
        グレゴリオ聖歌。手書きと活版印刷。

        ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


        古いドイツのグレゴリオ聖歌の楽譜をアップしました。

        先月ご紹介した7点は手書きのもの。
        sm16001E_02.jpg

        sm16001F_01.jpg
        赤い4線(5線ではなく)も一本ずつ手書きです。
        sm16001E_08.jpg
        1音符ずつ、そしてカリグラフィで1文字ずつ丁寧に書かれています。
        それも400年前の人物が書いたもの。
        sm16001F_08.jpg


        そして今回ご紹介した6点は、活版印刷によるグレゴリオ聖歌。
        ant16049_01.jpg

        ant16050_02.jpg

        各部分ごとに活版が組まれているので、線の部分が切れ切れになって見えます。
        ant16050_09.jpg

        木版による装飾頭文字も見られ、文字と楽譜のバランスがグラフィックとしても
        美しい楽譜です。

        ant16050_08.jpg

        ant16049_08.jpg

        どちらとも今まで扱ってきたものより少し小さいサイズになるので、
        フレームに入れて飾ってもとても雰囲気があります。

        ぜひご覧くださいませ。
        | ブロカント | 12:10 | comments(0) | - |
        0
          フランスの古い地図。

          ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


          今日はantiqueのショップにフランスの古い地図を追加しました。
          まずは1768年に印刷されたフランス地図です。

          map16046_01.jpg
          古地図Buffier フランス 1768年

          map16046_03.jpg
          map16046_05.jpg

          グラビュールで印刷された味わいが本当に素敵な1枚。
          今からおよそ250年ほど前の紙の雰囲気も恰好良いです。

          次は1880年印刷のガリア地方(仏語ではゴール)を表した古地図。

          map16045_01.jpg
          古地図Rollin フランス 1827年

          map16045_05.jpg
          カリグラフィの書体も流麗です。

          map16045_02.jpg
          map16045_06.jpg
          こちらもグラビュールですが、とても緻密な線で描かれていて
          領土ごとに色分けされています。

          フランスのお土産屋さんなどで複製のものを良く見かけますよね。
          でも何百年も前に印刷されたオリジナルのものを見ると、
          本物にかなうものはない…と思ってしまいます。

          その他に、ドイツで印刷されたイタリア半島という
          珍しい地図もアップしています。
          ぜひご覧くださいませ。
          | ブロカント | 12:09 | comments(0) | - |
          0
            フランスの古い『楽譜クリップ』。

            ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


            フランスの古い、楽譜クリップのご紹介です。

            brc15026a_01.jpg
            管楽器を外で演奏するとき、この楽譜クリップを付けて
            移動しながら吹くことができます。

            brc15026a_02.jpg
            クリップ部分のリラ(竪琴)のフォルムが素敵です。

            brc15026a_05.jpg
            古くなった真鍮、緑青の感じも良い雰囲気です。

            19世紀後半のフランスのポスターにチラッと描かれていました。

            『シャンソンのパラダイス』と書かれた、なんとも陽気なポスターです。




            こんな感じで楽器に取り付けていたようですね♪
            | ブロカント | 11:59 | comments(0) | - |
            0
              インクの吸い取り紙・ビュバーのご紹介。

              ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


              皆さん、明けましておめでとうございます。

              新しい年、2016年がいよいよ始まりましたね。
              カレンダーの並びから、今年のお正月休みが少なかった方も多いのではないでしょうか。

              ENSEMBLEも今週から始動。
              随時、お客様のオーダーにご対応させて頂いています!。

              新春第1段の新商品のご紹介。
              昨年から続けてアップしているフランスの1940〜70年代のインクの吸い取り紙。
              ビュバー(Buvard)』です。

              インク壺にペンを浸して文字を書いていた時代。
              家庭にコピー機、なんてもちろんなく全部手書きだった時代。

              日用生活品や食品のメーカーが自社の製品やロゴを印刷した
              この吸い取り紙を販売促進用ツールとして配布、販売していました。

              今の日本のポケットティッシュのようなものでしょうか。
              現代のティッシュの広告なんて全然可愛くないので、ビュバーに失礼ですが。

               ビュバー Arcy
              1970年代に入ると、時代の趨勢でボールペンが普及。
              次第に姿を消していきます。

              今ではフランスにおいてもコレクター人気が根強く、
              田舎の蚤の市なんかでは、自分のコレクションを
              ドーンと広げているおじさんがいたりします。

              このビュバーの紙質。
              実際に手にとってみると、インクがしみ込みやすい
              画用紙のようなふわっとした質感で、そこがまた古い紙もの好きな
              方にも楽しんで頂けるようなアイテムです。


              サイズはA5くらいの小さいものなので、フレームに入れて何枚も
              並べて飾ったり、お店のカウンターの上にさりげなく飾ったりと
              大型ポスターには出来ないディスプレイで楽しんでいただけますよ。


               ビュバー ECLIPSE
              | ブロカント | 11:13 | comments(0) | - |
              0
                イギリス絵本:ウォルター・クレイン、ケイト・グリーナウェイのヴィンテージ絵本です。

                ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


                ENSEMBLEではこれまでブーテ・ド・モンヴェルやフラン−ノアンなど
                フランスの音楽にまつわる絵本をご紹介してきましたが、
                今回はイギリスのヴィンテージ絵本のご紹介です。

                イギリス近代絵本の基礎を築いたアート・アンド・クラフツ(美術工芸運動)のなかの二人
                ウォルター・クレイン、ケイト・グリーナウェイの貴重書です。

                平田家就著『イギリス挿絵史』(研究社出版)に彼らは以下のように紹介されています。
                「ウォールター・クレイン、Randolph Caldecott(ランドルフ・コールデコット、一八四八-八六)、およびKate Greenaway(ケイト・グリーナウェイ、一八四六-一九〇一)の三人は同年輩の挿絵画家であり、彼らの児童書の挿絵は、主として六〇年代から八〇年代にかけてエヴァンズによって色彩木版で印刷された。クレインは多くの雑誌に挿絵を描いたが、特に七〇年代に‘Toy Book’(「玩具本」)と呼ばれる多くの児童書に寄せた挿絵によって有名になった。彼は日常生活の人物よりも空想的・童話的世界を画くことを得意とした。」(146貢)

                151225_03.jpg
                楽譜絵本 『牧神の角笛』 2nd ed. ウォルター・クレイン

                ウォルター・クレインの『牧神の角笛』のデザインでは、ページをめくるたびに
                壮麗な装飾楽譜があらわれ、大変美しいものです。
                151225_04.jpg
                151225_05.jpg
                151225_11.jpg

                151225_10.jpg

                151225_09.jpg

                フランスの挿絵画家ブーテ・ド・モンヴェルはクレインのこの楽譜絵本に影響を受けたとも言われ、
                比較してみると興味深い印象です。

                151225_12.jpg
                《古い民謡と踊り歌》 M.ブーテ・ド・モンヴェル


                151225_07.jpg

                151225_08.jpg

                イラストの雰囲気はクレインのものは「豪華」な印象に対し、フランスのモンヴェルは
                「可愛らしい」雰囲気となっていますね。

                またページ構成においてクレインは時祷書の欄外装飾のような、楽譜や歌詞を取り巻く図柄も印象的です。
                このあたりは挿絵の歴史についての研究書『書物と装飾』を書いた人物だけあって、
                その見聞が活かされているようです。

                いっぽう『幼な子の花束』では楽譜とともに描かれた挿絵はよりシンプルなものです。

                151225_01.jpg
                楽譜絵本 『幼な子の花束』 初版装丁 ウォルター・クレイン


                こちらの絵本は曲の内容について書かれた挿絵が楽譜とは異なるページに別に書かれていて
                通常の書物の挿絵のように描かれています。
                151225_19.jpg

                151225_20.jpg

                151225_21.jpg


                それからケイト・グリーナウェイにも彼女の挿絵と楽譜とが一緒になった著書がありました。

                151225_02.jpg
                『娘たちのマザーグーズ』 ケイト・グリーナウェイ

                こちらはラッセル伯爵夫人が書いたお話に、登場する三人の娘が歌う
                マザーグースの唄の楽譜が載せられた著書です。
                151225_17.jpg

                151225_16.jpg

                151225_18.jpg
                愛らしい子どもの姿の描き方は彼女ならではの優しさに満ちていますね。

                ぜひイギリス絵本史に残る、この絵本を手にとってみてください。
                | ブロカント | 15:29 | comments(0) | - |
                0
                  お家でカフェ気分♪ 灰皿のご紹介です。

                  ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


                  フランスのカフェやビストロでよく見かける(最近は店内禁煙になってますが…)
                  灰皿のご紹介です。
                    
                  これらの灰皿はグラスや水差し同様、お酒メーカーのパブリシティとして
                  実際に使われていたものです。
                     
                  ロゴだけでなく、色合いが可愛いものなどもあります。
                  メーカーはシャンパンからリキュール、ビール、ウィスキーなど様々。

                   
                  こちらはシャンパンの”ルイ・ロデレール”の灰皿。
                  ワインレッドが綺麗でロゴも素敵です。

                  いろんなデザインがあるので、最近では灰皿というよりキートレーや普段使いの
                  小物入れとして使用される方が多いようです。


                  ロゴやビジュアルなど、ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね♪

                  | ブロカント | 11:50 | comments(0) | - |
                  0
                    フランスの古いフォトフレームたち。

                    ENSEMBLE antiqueホームページ  ENSEMBLE MUSICホームページ


                    フランスで出会った『フォトフレーム』たちを紹介します。
                    151001.jpg
                    151001_02.jpg
                    こちらは20世紀前半までスタンダードだったフォトスタンド。
                    分厚いガラスの重量がとても存在巻があります。
                    対照的に上部の装飾は薄く型抜きされた真鍮。
                    この部分が残っているものが少なく、希少なフレームです。

                    151001_01.jpg
                    20世紀前後のものでしょうか。
                    ギマールの作ったメトロの入口のような面持ちもあります。

                    151001_03.jpg
                    そしてなかなか見つけられない「音楽もの」のブロカント。
                    シンメトリーのデザインが面白く、こちらも珍しいフォトフレームです。

                    ディスプレイに、アンティークのコレクションのひとつに
                    ぜひご覧くださいませ。

                     
                    | ブロカント | 12:41 | comments(0) | - |
                    0
                      | 1/8PAGES | >>